女性の生き方とキャリアを考えるブログ

lifecareer.exblog.jp
ブログトップ

「小1の壁」は壁ですか?

年が明けて、4月が近づいてきた感じがしますね。
4月からお子さんが小学校に入学するワーママの皆さんは多かれ少なかれ不安を感じているのではないでしょうか?
小1の壁について、何回かに分けて、乗り越え方など考えてみたいと思います。

最近私は「小1の壁」という言葉に違和感を感じるようになりました。
小学校入学は「子供が親の助けをこれまでよりも少し必要としている時期」なのに、親がそれを「小1の壁」と呼んで「困難なもの・困るもの」のように扱うことへの違和感です。

「子供の成長の過程で親がちょっと手をかけなければいけない時期」は、そんなに迷惑なものですか?

確かに保育園と違って学童は18時とか18時半までしかやってなかったり、長期休みの朝も8時半とか9時からしかやってなかったり、親にとっては「使い勝手が悪い施設」でしょう。
また会社の時短制度が子供の小学校入学と共に使えなくなったり(今は時短制度を小3までとか小学校卒業までとかにする企業も増えてきましたが)、
保育園と違ってお昼寝がないから子供も疲れ果てて早く寝かさなければならず、その間に宿題や時間割を揃えるなど帰宅してから寝かせるまでの時間は今まで以上に「戦争」になったりします。
「工作で使う空き箱を持ってきて」とか、そういった連絡が全てプリントで、親がプリントを見落としたら終わり…など、注意しておかなければいけないことも増えます。
保育園と違い連絡帳もないし、学校の先生とは直接毎日会うわけではないので子供の様子もわからず不安になったりもします。
保育園が至れり尽くせりで、あまり子供に手をかけずに済んでいたから、この状態が「後退」に思えてしまうのではないでしょうか?
学校行事や保護者会が平日の昼間、というのも働く親からすれば迷惑な話です。まさに「小1の壁」ですよね。

しかし、子供の視点に立つとどうでしょう?

認可保育園に通っていた子は5~6年、ほぼ同じメンバーで過ごしてきたのに突然、知らない子がたくさんのクラス(保育園より人数が多い場合が多いと思います)に入れられ、座って先生の話を聞かなければならず、自分でランドセルや荷物を持って歩いて学校まで行かなければならず…。
学校ではとても緊張して過ごしていると思いますし、学校の先生方もそのように仰います。子供は精神的にも身体的にもとても疲れた状態になります。
学校ではその子なりに精一杯頑張っているのです。

仕事にも「山場」があって、これを越えたらちょっと楽になる、それまでは頑張ろう!ということがあると思います。
小学校入学のタイミングはまさに子育て期間の「山場」の一つです。
そう考えて、ここはちょっと子供にパワーをかけて、少なくとも4月の1ヶ月間は、子供が安心できる状態を作ってあげてください。できれば3ヶ月(せっかく少し慣れてもGWでリセットされてしまいます。また緊張が緩んで疲れが出やすい時期になります)、また夏休み明けの1ヶ月(これまた9月で仕事が忙しい時期ですが…)は少し仕事をセーブして、子供に余裕を持って接することができる・子どもが家でゆっくり休める体制を作る必要があると思います。

入学時にスムーズに行くことで、その後の学校生活で親が心配することも少なくなっていくと思います。逆にここで躓いてしまうと大変になってしまうこともあるので、この春入学を控えたお子さんをお持ちの方は、今から仕事を調整したり、ご主人と相談しておくことをお薦めします。
[PR]
# by kumikokubo | 2016-01-21 11:24 | 小1の壁

主婦の再就職について考える~年齢、ブランクは関係ない!?~

うちの子も小学生になり、専業主婦だったママ友さんの中で再就職する方が出始めました。
中にはブランク10年以上なのに初めて受けた会社で内定という方も!(非正規雇用ですが)
つい最近も、知り合いの紹介で仕事を始めることになったとママ友さんから報告があり、その方もブランク10年以上。そしてどちらも40代。
「40代でブランク10年以上」なんて一般的にはとても不利だと思われるし、以前の記事「主婦の再就職について考える」では「ブランクが長いと不利」みたいなことを書いたけれど、それは一般論に過ぎないのだなと改めて思いました。
ちなみにお一人はとてもしっかりした方で、就職の面接は何十年ぶりだっただろうけれど、子供のお受験の面接を経験、そして幼稚園でも役員に立候補するような方。もうお一方はとにかく感じの良い人で、いつも笑顔、子どもに怒ってても笑顔、みたいな方。
どちらも私が「この人なら決まるよね」と思うような方。詳しく聞いてないけど、専業主婦になる前に勤めていた会社はそれなりにしっかりした企業だったのではないかと思われます。

一方で、2年ぐらい前にお向かいの奥様が、「友達が何十社受けても全然受からない、やっぱりブランクがある40代は採用してくれる会社がないと言っている」…とのことなので、そういうケースもあるのだと思います。
その方から直接話を聞いたわけではないけれど、どんなところを受けるかによっても当然変わってくるわけで、例えばいきなり正社員を受けていたとしたら、落ち続けることになると思います。

以前の記事から5年以上経っていて、一番変わったのは雇用状況が良くなっていることだと思います。サービス業を中心に、人手不足感が鮮明になっていると普通のニュースを見ていても感じます。

というわけで、以前書いた記事を覆すようで申し訳ないけれど、今の比較的良い雇用情勢の下で重要なのは「2専業主婦になる前に何をしていたか」と「お人柄」で、ブランクの長さや年齢、専業主婦の間に何をしていたかはあまり関係ないのかも、と思った次第です。

でもこれが、雇用情勢の悪化とともに「条件ありき」になるので(応募しても年齢でスパッと切られることも)、再就職を考えている専業主婦の方、今がチャンスかもしれません。どうか、このチャンスを逃さずに捕まえて欲しいと思います。
[PR]
# by kumikokubo | 2015-11-27 12:11 | 主婦の再就職

ワーキングマザーでも資格取得

過去の記事をチェックしていたら、「非公開」のままになっていた2009年9月30日付けの記事を発見!
当時、子供は2歳でした。そして、出産した翌年(2008年)の4月(まだ育休中・6月から復帰)から講座に通った産業カウンセラー養成講座と資格取得のお話です。
以下、2009年9月に書いたものです。
-----
子供がいて働いてるだけでも大変なのに、資格取得なんてできるのか?と自分でも思ったけれど、去年は「産業カウンセラー養成講座」に月3回(日曜日)×7ヶ月間通い、課題を提出し、実技試験と学科試験に合格!
なんとか、資格を取ることができました。

講座が始まった去年の4月時点で子供はまだ生後8ヶ月、私は育休中。
日曜日の講座はほぼ1日(9-17時)で、往復にかかる時間を足すと8-18時の10時間も留守にすることになる。
このとき夫はまだ、こんなに長時間、子供の面倒を一人で見たことはなく、私も夫も不安がいっぱいだったけど、とにかく夫に頑張ってもらうしかない!と決行。

毎週土曜の昼間は洗濯と、保育園にシーツ交換(月曜の朝、時間がないので)。
毎週土曜の夜は、翌日&翌週の離乳食をまとめて作って冷凍。そして課題をやったり。
日曜は子供とともに7時に起き、子供の朝食と自分の支度を済ませ、8時に夫を起こして私は講座へ。

6月から復職したので7月頃はその疲れもあり、講座に出席するたびに「あと○回…」と心の中でカウントダウンするほどキツかったけど、8月、夏休みには旅行も行かず実家でのんびりして少し持ち直して。

10月には出席&課題提出で講座を修了することができ、「実技試験免除の検定」も通った。
1月の学科試験は、片道1時間の通勤時間を利用したのと、直前の3週間は週末に3時間ほどドトールで勉強してなんとか合格。

いま思うことは、「今年じゃなく、去年やっておいて良かった」ということ。

●復職時には既に講座に通っていたので、最初から仕事と家事と講座をやらなければいけなかったけど、仕事と家事だけでも充分大変なので、最初にこの2つしかなかったら、「更に講座なんて絶対無理…」と思ってしまったので、復職時に既に講座に通っていたの本当に正解だったと思う。
●講座のおかげで夫は長時間子供を一人で見ることに抵抗がなくなり、安心して預けられるようになった。
今では子供もすっかり夫になついて、少し遠くの美容院や(去年は自宅から徒歩2分の美容院に通ってたけど)、買い物にも行けて、私自身のリフレッシュにもなっている。
●去年は0歳だし保育園に通いだしたばかりで、週末は「休養」でずっと家にいても良かったけど(というか、家でゆっくりさせたかった)、今年はもう2歳で週末ずっと家にいるわけにもいかず、かといって日曜に講座があると土曜も家事がてんこ盛りで出かけられず…なので、ジレンマを感じずに済んだと思う。

というわけで、子供が小さいほど勉強もしやすい、という面もあると思います。いかがでしょうか。
[PR]
# by kumikokubo | 2015-09-18 23:07

結局のところ、子供のためにはワーキングマザーと専業主婦、どちらがいいのか?

私は子どもが幼稚園年長の途中から、ワーキングマザーと専業主婦に片足ずつ突っ込んでいるような状態です。
子どもが生まれてからずっと、働いたほうがいいのか?仕事を辞めて専業になったほうがいいのか?ということを自問自答し続けてきましたし、他人様の状況を見たり、マスコミの記事を読んだりして考え続けてきました。

そして最近出た結論は「ママが働いているor専業主婦は関係ない」、子供のために一番大事なことは「子供自身が親にやって欲しいと思うことをやってもらえること」、そのためには「ママ自身が満たされていること・余裕を持てることが一番大切」というものでした。

働いているとどうしても時間がなく、常に子供に急がせたり、子供の要求を受け入れてあげる余裕がなかったりします。仕事で失敗して落ち込んだことでイライラして子供に当たってしまったり、職場で自分がぞんざいに扱われてクサクサしてしまうこともあると思います。
人間だから、そんな時に人に当たってしまうのは仕方ないと思うのですが、もともと時間的な余裕がない中でそうなると、更に辛くなりますし、ちょっとしたことで怒りやすくなったりもしますね。

じゃあ時間に余裕がある専業主婦ならいいのか?というと、人によっては「家事・育児を全て押し付けられてる感」があったり、「本当は働きたいのに…」と自分のやりたいことを押さえ込んでいたり、専業であるが故に家事の機械化ができていなくて負担が重かったり、一人になってゆっくりする機会も全く持てなかったり、という大変さがあると思います。

だから、ママが働いているか専業かは関係ない、というのが私の結論です。

どうすればママ自身が満たされるか?というのは千差万別、人によって違うと思います。
まずは自分のどこが満たされていないか、本当はどうしたいのか、イライラしてしまう原因は何なのか、考えてみてはいかがでしょうか。
(一人では堂々巡りになってしまう…という方、対面orメールカウンセリングご利用くださいね☆)

ただ、ママ自身が満たされるのは手段であって目的ではないのです。
本当に大切なことは、子供自身が、親にして欲しいことをしてもらえているか?です。
時々、ママが自由にしすぎていて、ママが満たされるのはいいとしても子供は大丈夫なんだろうか?と思ってしまうケースもあります。
そして、デキるママほど情報収集して先回りして子供に色々与えがち(習い事とかね)。でも子供がそれを求めているかといえば「?」です(結果的に夢中になれて良かった、ということはあるかもしれないけど)。

「子供が欲していることは何か?」をよく見て、それにつきあってあげられる、心と時間の余裕を持てるにはどうしたらいいか、考えてみてはいかがでしょうか。
[PR]
# by kumikokubo | 2015-09-16 13:46

高齢出産ならではの辛さ

世間一般的には「高齢出産のお母さんは余裕があるよね」と思われがちですが、40歳で初めて出産した私はむしろ全然余裕がなく、産後うつになる寸前まで行っていたと思います。バイタリティのある人ほど、そうなってしまう気がします。
「これは高齢出産ならではの辛さでは…?」と思うことがいくつかあったので、それをご紹介します。

1.「自分中心の生活」から「子供中心の生活」にシフトできない。
大学を出て就職してから、好きなように生きてきました。仕事をバリバリやり、海外・国内と旅行に行きまくり、旅行だけでは物足りなくなって登山までやり…。
34歳で結婚後、家事などはやっていましたが夫も仕事が忙しくて帰りが遅かったので、平日毎日食事を作るような生活ではなく「自由気ままに」生きていました。
それが突然、赤ちゃんの都合に合わせなければいけない生活になり、その状況が数年間にわたって続くのです。
それは精神的にかなり辛かったです。
赤ちゃんを産んだ人は誰しも、そういった辛さはあると思いますが、産前の「気ままさ」のレベルが、20代で結婚する人とはかなり違うのではないか…と思っています。
私の場合は子供が幼稚園に入り、幼稚園のママ友の皆さんが「子供中心の生活」をしているのを見て、子供中心の生活をすることを学んだような感じです。

2.体が、とにかく辛い。
妊娠中から、mixiで同時期に出産する人たちのコミュニティに入っていました。そこでは産後1ヶ月足らずで上の子の幼稚園の送迎をするママ等もいて。
いま、周りのママ友を見れば普通なことですが、私の産後一ヶ月は、歩いて外出できるような状態ではありませんでした。三ヶ月経っても、青信号が点滅してダッシュできるような状態ではありませんでした。
私はつわりが軽く、妊娠中も会社を休むことなく外回りの仕事を元気に続けていたので、このような産後のボロボロ状態は全く予測していませんでした。
不妊治療もせずに39歳で妊娠したことや、産前が元気だったため自分の健康・体力に自信があった(過信していた)ことで、元気な他の方と比べて落ち込んでいました。
いま冷静に考えると、高齢出産は産後の回復がかなり遅いのだと思います。

3.努力が報われない世界が理解できない
キャリアにしても何にしても、これまでの人生「自分が努力して、自分の思うように生きてこられた」という自負がありました。
でも育児は「自分が努力したから子供が思いのままになる」わけではありません。
一生懸命手作りの離乳食を作ったからといって子供がバクバク食べるわけじゃないし、母乳を頑張ったからといって夜泣きしなくなるわけでもありません。
結果がすぐには表れないし、努力が報われない世界です。
それが理解できませんでした。「こんなに頑張ってるのに何故!?」という思いだけが強くて、イライラしたり落ち込んだりすることが多かったように思います。

4.体が、とにかく辛い(仕事復帰後)
体力的に辛いのは仕事復帰後も続きます。子供の成長とともに自分も年を取っているのだから当然です。
私の場合、復帰当初はまだ良かったのですが、43歳ぐらいでガクンときました。以来、8時間睡眠は必須です。夕食の片付けもせずに子供と一緒に21時には寝て、朝5時に起きて片付ける生活です。寝かしつけのとき、「あとで起きよう」と思っても、起きられることは殆どありません。
小さい子供がいるWMをしながら更に自分のやりたい活動をやっている方を見て落ち込むこともありましたが、冷静に考えると、そういう方は30代前半の方が殆どのように思います…。

大変なことばかり書いてしまったので、良かったことは?というと、「子供視点を忘れていない」ことだと思います。
出産するまで40年間ずっと「親」ではなく「子」という立場で過ごしてきました。
親は勝手なことばかり言います。大学のときは「就職しろ」、適齢期になれば「結婚しろ」(その結婚相手にも条件をつけたり…)、結婚すれば「子供は?」
親の言うことなんて聞いてたらキリがないし、親の言うことをきいていれば成功するわけでもないということが身をもってわかっています。だから自分が子供に「こうなって欲しい」と思ってしまったり、子供をコントロールしようとしたときに、自分が「子」の立場だったことが思い出されて「あ、これは親の都合だよね」と冷静になることができます。
そういうところが「高齢出産のお母さんは余裕がある」と思われるところなのかもしれませんね。

「高齢出産で余裕があるはずなのに、全然余裕がない!私、ダメなママなの!?」という方、余裕なくて当たり前だと思います。安心してくださいね!
[PR]
# by kumikokubo | 2015-08-27 23:38