女性の生き方とキャリアを考えるブログ

lifecareer.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

【小1の壁】宿題は学童でやってこさせるべき?

古い書類を整理していたら、子供が入学した年の7月に行われた学童保護者会の資料が出てきました。
「1学期の子どもたちの様子について」の項目には、先生がお話しされたことを私が鉛筆書きで

宿題やってなかったら「何でやってこなかったの!」ではなく「それに代わる楽しいことがあったの?」「嫌なことがあったの?」と会話のネタにして。

と記入していました。すっかり忘れていましたが、確かにそうだな、と。
うちの子は2年生になってから、1年生のときは学童でやってきていた宿題をやってこない日が多くなりました。2年生も終わりに近づいている現在、学童で宿題をやってくる日は、まずありません(汗)。
理由を聴くと「今日は○○ちゃんと遊んでたから」「今日は××ちゃん(学童じゃないお友達)が児童館に遊びに来たから」ということなので、お友達と楽しく遊べているなら、それはそれでいいか、と思っています。
2年生になり体力もついてきて、家に帰って疲れ果てることもないので、家に帰ったらすぐに宿題をやるように言っています。やり始めれば5分で終了するので、特に問題はありません。

学習の習慣はつけさせたいし、宿題をやってこないまま疲れて寝てしまうのも困りものではありますが、友達と遊ぶことってすごく大事だと思います。
コミュニケーションが苦手…という中高生・大学生も見てきましたが、いきなり微妙な年頃の高度なコミュニケーションなんてできないものです。小さいとき、友達とケンカになっても翌日には忘れて仲直りできてしまうような年頃に、友達との遊びを通してたくさんコミュニケーションをとっておくことが大事なのではないかと思っています。
幼稚園のとき、元教師のママが数人いらっしゃったのですが、その方々は遊びをものすごく重視して、幼稚園が13時半に終わった後も、毎日暗くなるまで子ども達の遊びにつき合っていました。そのお子さんたちは、やんちゃだけど自分に自信を持ってしっかりと育っていたように見えました。

習慣づけも大事だし、学童で宿題をやってきてくれたら親は楽ですが、別の見方をすれば「宿題をやる暇もないほど学童で楽しんでいる」ということなので、私は、それでいいかなと思っています。
[PR]
by kumikokubo | 2016-03-13 17:44 | 小1の壁

【小1の壁】一番の壁は自分自身!?

今日は小学校のPTA総会でした。これまで「役員になる予定の…」と自己紹介していましたが、今日の総会で晴れて承認され、正式に来年度の役員になりました!
さて、PTA総会で校長先生や副校長先生のお話、各委員長さんのお話を聞いていたら、小学校は先生方だけでなく、たくさんのお母さん・お父さん達の協力があって成り立っているのだとしみじみ思いました。
恐らく、保育園との決定的な違いはその点だと思います。
私が比較的スムーズに小1の壁を乗り越えられたのは、子供が幼稚園に通っていたことで、私自身の意識改革が既に終わっていたから、ということに改めて気づきました。
幼稚園は基本的に学校と考え方が非常に似ています。とにかく親の負担が重たい。でもそれは「本来当たり前のことなのだ」(私から見ると、保育園が至れり尽くせりすぎる)と3年間かけて段々と、自分の考え方を変えていったように思います。
例えば熱があったとき。保育園は一律「37.5度以上だと預けられない」でしたが、幼稚園は「熱の高さに関わらず、みんなと一緒に通常の活動ができなかったらお休みしてください」と言われます。最初は「えーっ!?厳しい!」と思いましたが、教育機関なんだから当たり前だ、と思うようになりました。
学校も「熱の高低に関わらず、座って授業を受けられなくて、保健室で休ませてもらっても回復しなかったら早退する」ものだと思います。
連絡は全てプリント、見落としたら終わり、お迎えのときに先生と話したりもしないので、見落としに気づいて何かを言ってくれる人もいない…、これも幼稚園に入ったときに私が苦労した点です。幼稚園も、通常のクラスでの活動は13:30まで、その後は預かり保育になるので、お迎えのときに担任の先生と会うことはありません(預かり保育専任の先生がいます)。子供が日中どのように過ごしていたかを聞くこともできません。連絡帳もありません。これも、学校&学童の関係と同じです。
ちなみにプリントの見落としがないか?は、私は専業ママ友達に確認していました。専業ママ同士は情報交換も活発なので、皆さん色んなことをよく知っているし、押さえています。私は本当に頼りにしていましたし、頼りになる方ばかりでした。

保育園と幼稚園・学校はそもそもの目的やあり方が違うので「保育園が自分の常識」になってしまっていると、その「自分の常識」を打ち破るのがとても難しいです。いちいち「こんなこともしてくれないの!?」とイラッとしたり。
でも比較的すぐに幼稚園の考え方に自分を合わせることができたのは、2000人を越える大学生の相談対応をして「子どもを育てるには、親の手がものすごく必要」と実感していたからだと思います。
ママ達から恐れられていた年配の主任先生の厳しいご意見も、大学生を見ると「ああそうだな」と納得できることばかりでした。幼稚園は私立で、基本的にはその園の方針に賛同した人が入るものなので、園側もまだ、親に色々言いやすい環境があるように思います。「嫌だったら他の園に行っていただいてもいいんですよ」と言われる可能性もあるのです。だから、幼稚園では子どもだけでなく親も教育されていました(苦笑)。園側も、親の教育もミッションの一つに掲げていたのでは?と思うほどです。
でも公立の小学校はそれが言えないから大変だな…と思います。先生方が病むわけです。
だから、誰かがハッキリ言ってくれることはないので私が言います(笑)。
保育園から学校に上がるお子さんをお持ちのママたちには、保育園が基本だと考えないことをお勧めします。
そうすれば、小1の壁がちょっと低くなるのではないかな…と思います。
自分の意識改革は大変ですが、思春期を無事に過ごすためには必要な意識改革だと思います。
[PR]
by kumikokubo | 2016-03-10 23:56 | 小1の壁