女性の生き方とキャリアを考えるブログ

lifecareer.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

【小1の壁】ご近所やお友達ママにお願いする時に心がけること

ご近所やお友達ママにちょっと子どもをお願いしたいときに私が心がけていることは「その人が断っても大丈夫な状態でお願いする」ことです。
困っているからお願いするのですが、でも「気軽に断れること」を大切にしています。

「ちょっと子供を預かる」ことをしてくれる人は、とても「いい人」なのだと思います。「いい人」故に、お願いされたことを断るのは心苦しい…と考えてしまうのではないかと思います。
こちらは困っているからこそお願いしているわけで、こちらの状態を汲み取れる方だからこそ断れなくなってしまうという面もあるのではないかと思います。
そうやって無理に引き受けてもらっているうちに段々重たくなってしまい、なんとなく関係が悪化してしまう…というのは親しいからこそ絶対に避けたいと考えています。
そのため私がお願いするときには、「もし大丈夫そうだったらお願いしたいのだけど」「ダメでもうちの母に来てもらうから大丈夫」「夫に早く帰ってもらうから大丈夫」といったように、その人が断っても大丈夫であることを伝えるようにしています。

そして一回ごとではありませんが、何回かお世話になったらお菓子を持っていったり、日頃からいただきものをお裾分けしたり、お向かいの奥様には我が家が旅行で家を空けるときにも一声かけて留守をお願いしていくので、旅行のお土産を買ってきたりしています。

お向かいの奥様に、うちの子が帰ってきたときに私がいなかったらお邪魔させていただくことをお願いしたときには、「とりあえず1学期の間だけお願いします」と期間を区切ることにしました。
期間を区切ることと、数ヶ月の短い期間にすることで、気軽に引き受けてもらえるようにしました。

それから、自分ができるときにはできるだけ、お友達を預かったり、家に遊びに来てもらったりして「こちらだけがお世話になる状態」にならないようにしています。
お向かいの奥様にはお世話になる一方でちょっと申し訳なく思ったりしますが、雪が降ったときに雪かきをそのお宅の方までするとか、そういったことで恩返ししています。

お金を払ってシッターさんを雇うのも悪くないですが、何でもかんでも自己完結せずに、周囲の人と助け合っていくのも良いのではないかなと思っています。
[PR]
by kumikokubo | 2016-02-29 12:37 | 小1の壁

【小1の壁】ご近所の力を借りて乗り越える

小1の壁の乗り越え方として提案したいのが「地域の人たちの力を借りること」です。

それまで、園まで送り迎えしていた子供が一人で歩いて学校に行くことになるのはママが働いていても専業でも同じこと。
これからは四六時中、親が一緒にいることはできません。
そこで地域の人たちの目が、子供を守ってくれることになります。

でも通学路には知り合いもいないし…と思う方もいるかもしれませんが、子供たちを見ていてくれる大人は案外いるかもしれません。
その存在を知るために、入学からしばらくの間は途中まででも子供に付き添って一緒に登校することをお勧めしたいです。

私の場合もそうでした。
途中まで一緒に行くと、同様に、家の前で子供を見送っているママと知り合うことができます。
その方に自分から声をかけて挨拶し、自分の子供の顔や名前を覚えてもらい、見守ってもらうのです。
通学路で出会う上級生の子にお願いして学校に一緒に行ってもらったりもしました。
自分の子をなるべくたくさんの人に覚えてもらうことが、子供を守ることに繋がります。

そんな中で同じクラスの専業ママと知り合いになったりもしました。
夏休みのプールの時は一緒に行ったり、帰りはそのままそのお宅で遊ばせてもらったり、児童館(学童)の帰りも一緒に帰ってきてもらったり(そのママが途中まで迎えに行ってくださったり)しています。
お友達になった子のご近所のおばさままでもが、うちの子のことを自分の孫のようにかわいがってくれるようになり、とても安心しています。

また入学式の日に、ご近所数軒に家族で挨拶に行き、うちの子が困っていたら助けて欲しいことをお願いし、自宅電話番号や私の携帯番号などのメモを渡したりしました。

お向かいの奥様は「何かあったらうちに来てね」と言ってくださり、私が仕事で帰れなかったときは、そのお宅で待たせてもらうことにして、実際に何度かお邪魔させていただきました。
お向かいのお宅はお子さんが中学生・高校生なので、時間に余裕ができたところでうちの子のことをお願いするのは申し訳ないと思っていましたが、ちょうど中学生のお子さんが受験で塾に行く関係で、うちの子が帰る頃が夕食を食べる時間にあたり、奥様も家にいらっしゃるとのことで、無理せずお願いすることができました。

先日も、習い事で学童に行っていない日が特別時程で早く帰ってきてしまい、私が帰宅していなくて家に入れなかった子供が、お向かいのお宅(不在)→近所のお友達の家(下の子の幼稚園に行くからと断られた)→斜め向かいのお宅と訪ね歩き、斜め向かいのお宅で待たせていただいたことがありました(汗)。

ただ、報酬が発生しない形でお願いするのはお願いしづらい面もありますね。
お願いの仕方については次回、書きたいと思います。
[PR]
by kumikokubo | 2016-02-12 14:05 | 小1の壁