女性の生き方とキャリアを考えるブログ

lifecareer.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「小1の壁」は壁ですか?

年が明けて、4月が近づいてきた感じがしますね。
4月からお子さんが小学校に入学するワーママの皆さんは多かれ少なかれ不安を感じているのではないでしょうか?
小1の壁について、何回かに分けて、乗り越え方など考えてみたいと思います。

最近私は「小1の壁」という言葉に違和感を感じるようになりました。
小学校入学は「子供が親の助けをこれまでよりも少し必要としている時期」なのに、親がそれを「小1の壁」と呼んで「困難なもの・困るもの」のように扱うことへの違和感です。

「子供の成長の過程で親がちょっと手をかけなければいけない時期」は、そんなに迷惑なものですか?

確かに保育園と違って学童は18時とか18時半までしかやってなかったり、長期休みの朝も8時半とか9時からしかやってなかったり、親にとっては「使い勝手が悪い施設」でしょう。
また会社の時短制度が子供の小学校入学と共に使えなくなったり(今は時短制度を小3までとか小学校卒業までとかにする企業も増えてきましたが)、
保育園と違ってお昼寝がないから子供も疲れ果てて早く寝かさなければならず、その間に宿題や時間割を揃えるなど帰宅してから寝かせるまでの時間は今まで以上に「戦争」になったりします。
「工作で使う空き箱を持ってきて」とか、そういった連絡が全てプリントで、親がプリントを見落としたら終わり…など、注意しておかなければいけないことも増えます。
保育園と違い連絡帳もないし、学校の先生とは直接毎日会うわけではないので子供の様子もわからず不安になったりもします。
保育園が至れり尽くせりで、あまり子供に手をかけずに済んでいたから、この状態が「後退」に思えてしまうのではないでしょうか?
学校行事や保護者会が平日の昼間、というのも働く親からすれば迷惑な話です。まさに「小1の壁」ですよね。

しかし、子供の視点に立つとどうでしょう?

認可保育園に通っていた子は5~6年、ほぼ同じメンバーで過ごしてきたのに突然、知らない子がたくさんのクラス(保育園より人数が多い場合が多いと思います)に入れられ、座って先生の話を聞かなければならず、自分でランドセルや荷物を持って歩いて学校まで行かなければならず…。
学校ではとても緊張して過ごしていると思いますし、学校の先生方もそのように仰います。子供は精神的にも身体的にもとても疲れた状態になります。
学校ではその子なりに精一杯頑張っているのです。

仕事にも「山場」があって、これを越えたらちょっと楽になる、それまでは頑張ろう!ということがあると思います。
小学校入学のタイミングはまさに子育て期間の「山場」の一つです。
そう考えて、ここはちょっと子供にパワーをかけて、少なくとも4月の1ヶ月間は、子供が安心できる状態を作ってあげてください。できれば3ヶ月(せっかく少し慣れてもGWでリセットされてしまいます。また緊張が緩んで疲れが出やすい時期になります)、また夏休み明けの1ヶ月(これまた9月で仕事が忙しい時期ですが…)は少し仕事をセーブして、子供に余裕を持って接することができる・子どもが家でゆっくり休める体制を作る必要があると思います。

入学時にスムーズに行くことで、その後の学校生活で親が心配することも少なくなっていくと思います。逆にここで躓いてしまうと大変になってしまうこともあるので、この春入学を控えたお子さんをお持ちの方は、今から仕事を調整したり、ご主人と相談しておくことをお薦めします。
[PR]
by kumikokubo | 2016-01-21 11:24 | 小1の壁