女性の生き方とキャリアを考えるブログ

lifecareer.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ワーキングマザーでも資格取得

過去の記事をチェックしていたら、「非公開」のままになっていた2009年9月30日付けの記事を発見!
当時、子供は2歳でした。そして、出産した翌年(2008年)の4月(まだ育休中・6月から復帰)から講座に通った産業カウンセラー養成講座と資格取得のお話です。
以下、2009年9月に書いたものです。
-----
子供がいて働いてるだけでも大変なのに、資格取得なんてできるのか?と自分でも思ったけれど、去年は「産業カウンセラー養成講座」に月3回(日曜日)×7ヶ月間通い、課題を提出し、実技試験と学科試験に合格!
なんとか、資格を取ることができました。

講座が始まった去年の4月時点で子供はまだ生後8ヶ月、私は育休中。
日曜日の講座はほぼ1日(9-17時)で、往復にかかる時間を足すと8-18時の10時間も留守にすることになる。
このとき夫はまだ、こんなに長時間、子供の面倒を一人で見たことはなく、私も夫も不安がいっぱいだったけど、とにかく夫に頑張ってもらうしかない!と決行。

毎週土曜の昼間は洗濯と、保育園にシーツ交換(月曜の朝、時間がないので)。
毎週土曜の夜は、翌日&翌週の離乳食をまとめて作って冷凍。そして課題をやったり。
日曜は子供とともに7時に起き、子供の朝食と自分の支度を済ませ、8時に夫を起こして私は講座へ。

6月から復職したので7月頃はその疲れもあり、講座に出席するたびに「あと○回…」と心の中でカウントダウンするほどキツかったけど、8月、夏休みには旅行も行かず実家でのんびりして少し持ち直して。

10月には出席&課題提出で講座を修了することができ、「実技試験免除の検定」も通った。
1月の学科試験は、片道1時間の通勤時間を利用したのと、直前の3週間は週末に3時間ほどドトールで勉強してなんとか合格。

いま思うことは、「今年じゃなく、去年やっておいて良かった」ということ。

●復職時には既に講座に通っていたので、最初から仕事と家事と講座をやらなければいけなかったけど、仕事と家事だけでも充分大変なので、最初にこの2つしかなかったら、「更に講座なんて絶対無理…」と思ってしまったので、復職時に既に講座に通っていたの本当に正解だったと思う。
●講座のおかげで夫は長時間子供を一人で見ることに抵抗がなくなり、安心して預けられるようになった。
今では子供もすっかり夫になついて、少し遠くの美容院や(去年は自宅から徒歩2分の美容院に通ってたけど)、買い物にも行けて、私自身のリフレッシュにもなっている。
●去年は0歳だし保育園に通いだしたばかりで、週末は「休養」でずっと家にいても良かったけど(というか、家でゆっくりさせたかった)、今年はもう2歳で週末ずっと家にいるわけにもいかず、かといって日曜に講座があると土曜も家事がてんこ盛りで出かけられず…なので、ジレンマを感じずに済んだと思う。

というわけで、子供が小さいほど勉強もしやすい、という面もあると思います。いかがでしょうか。
[PR]
by kumikokubo | 2015-09-18 23:07

結局のところ、子供のためにはワーキングマザーと専業主婦、どちらがいいのか?

私は子どもが幼稚園年長の途中から、ワーキングマザーと専業主婦に片足ずつ突っ込んでいるような状態です。
子どもが生まれてからずっと、働いたほうがいいのか?仕事を辞めて専業になったほうがいいのか?ということを自問自答し続けてきましたし、他人様の状況を見たり、マスコミの記事を読んだりして考え続けてきました。

そして最近出た結論は「ママが働いているor専業主婦は関係ない」、子供のために一番大事なことは「子供自身が親にやって欲しいと思うことをやってもらえること」、そのためには「ママ自身が満たされていること・余裕を持てることが一番大切」というものでした。

働いているとどうしても時間がなく、常に子供に急がせたり、子供の要求を受け入れてあげる余裕がなかったりします。仕事で失敗して落ち込んだことでイライラして子供に当たってしまったり、職場で自分がぞんざいに扱われてクサクサしてしまうこともあると思います。
人間だから、そんな時に人に当たってしまうのは仕方ないと思うのですが、もともと時間的な余裕がない中でそうなると、更に辛くなりますし、ちょっとしたことで怒りやすくなったりもしますね。

じゃあ時間に余裕がある専業主婦ならいいのか?というと、人によっては「家事・育児を全て押し付けられてる感」があったり、「本当は働きたいのに…」と自分のやりたいことを押さえ込んでいたり、専業であるが故に家事の機械化ができていなくて負担が重かったり、一人になってゆっくりする機会も全く持てなかったり、という大変さがあると思います。

だから、ママが働いているか専業かは関係ない、というのが私の結論です。

どうすればママ自身が満たされるか?というのは千差万別、人によって違うと思います。
まずは自分のどこが満たされていないか、本当はどうしたいのか、イライラしてしまう原因は何なのか、考えてみてはいかがでしょうか。
(一人では堂々巡りになってしまう…という方、対面orメールカウンセリングご利用くださいね☆)

ただ、ママ自身が満たされるのは手段であって目的ではないのです。
本当に大切なことは、子供自身が、親にして欲しいことをしてもらえているか?です。
時々、ママが自由にしすぎていて、ママが満たされるのはいいとしても子供は大丈夫なんだろうか?と思ってしまうケースもあります。
そして、デキるママほど情報収集して先回りして子供に色々与えがち(習い事とかね)。でも子供がそれを求めているかといえば「?」です(結果的に夢中になれて良かった、ということはあるかもしれないけど)。

「子供が欲していることは何か?」をよく見て、それにつきあってあげられる、心と時間の余裕を持てるにはどうしたらいいか、考えてみてはいかがでしょうか。
[PR]
by kumikokubo | 2015-09-16 13:46