女性の生き方とキャリアを考えるブログ

lifecareer.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ニュース解説☆日本年金機構:長期派遣受け入れ 労働局が是正指導

昨日の毎日.jpに掲載された記事。
「日本年金機構:長期派遣受け入れ 労働局が是正指導」

「年金の加入や脱退の届け出などをパソコンで入力する仕事」は、東京労働局では「数字や文字の単純入力で、専門26業務中の「事務用機器操作」に該当しない」と判断された、ということです。

いま、事務職での派遣は殆どの人が「5号:事務用機器操作」で派遣されていると思います。
その方々に、影響が出てくるのではないか、、と思われる記事、そして措置です。

派遣法が制定された当時、パソコンはまだ普及しておらず、パソコンを使う仕事は「専門的な仕事」とされ、「派遣期間の定めがない、専門26業務」の5号業務と定められました。

しかしその後、パソコンは一般的なモノとなり、「パソコンを使う」ことは「専門的」とは言えなくなってきて、派遣法が世の中の実態と合わなくなってきたのです。
しかし派遣会社は、「パソコンを使う業務なら5号業務」と解釈し、パソコンさえ使えば期間の定めなく派遣してきたし、企業も同じ解釈で派遣社員を受け入れてきました。

それが、リーマンショック以降、「派遣という雇用形態が悪」とでも言わんばかりの世の中の風潮と世論の高まりによって、労働局も派遣の監査などを強化してきました。
その中で、いま、「5号業務の解釈」がクローズアップされていて、パソコンを使う業務でも、専門的な知識を必要としない、単なる入力などであれば、5号業務とみなされず、最長3年の「自由化業務」とみなされる、というケースが増えています。

企業に派遣されている人で、庶務的な仕事をしている人は、パソコンを使うといってもメールや会議室の予約など、専門知識を必要としないものが多いのではないかと思います。
それが5号業務と認定されず、自由化業務になると、企業はその人を直接雇用しなければならなくなるので、
1.3年になる前に契約を切られる
2.業務委託に切り替えられる
3.契約社員など非正規で直接雇用される
のいずれかになると思います。
1なら失業することになり、2や3の場合も給与が下がることが多いので、派遣スタッフさんにとってはデメリットでしかない訳です。

でも、世の中の風潮は「派遣は悪」「企業は労働者を直接雇用すべき」みたいな感じになっていて、政治家たちも実態を知らずにそう思って行動しているので、派遣は規制が強化されています。
そして、それによって職を失う人が出てきたり、派遣で時給1600円もらっていた人が直接雇用に切り替わって時給1300円になったりしているのが実態です。

今回は年金機構という、厚生労働省管轄の機構だったから記事になりましたが、記事にならない、同じようなケースはいくらでもあるだろうし、今後もたくさん出てくると思います。

確かにデタラメな派遣会社も多いので、「派遣は悪だ」という人がいるのも仕方ないと思いますが、善良な派遣会社もあり、そこで安定的な雇用と給与を得て働いている派遣スタッフさんも大勢いること、このような措置はそういう人たちから仕事を奪うことになりかねないということを、広く知って欲しいなと思います。
[PR]
by kumikokubo | 2010-06-16 14:46

ママが安心して働くために

少し前の話だけど、3月まで同じ保育園だった0歳児ちゃんのママとスーパーでバッタリ。
あちらは4月から認可園に移ってしまったので(うちの子は認証園)、最近は会う機会もなかったのだけど、時々うちの園に来て、先生方とお話してるのはなんとなく知っていた。

話を聞いてみると、その認可園に馴染めなくて苦労しているよう。
先生方がキツいとか、熱がなくても鼻水や咳だけで預かってもらえないとか。
おかげで4月はものすごく会社を休んでしまい、会社に行きづらくなってしまったそう…。
(うちの子なんて、月の半分は鼻水たらしてる気が。鼻水で預かってもらえないなんてありえない!)

保育園のせいで退職に追い込まれそうになるなんて、保育園の意味ないじゃん!と思ってしまった私。

確かに、うちの子が通う園は、先生方もものすごく優しくて穏やか&朗らかな方ばかりだし、発熱だって、37.5度過ぎたらすぐ呼び出し!なんてことはなく、様子を見てくれる。
38度超えるとさすがに電話がかかってくるけど、それでも「すぐ来て!」という訳ではなく、「お仕事のご都合がついたら、早めにお迎えに来てもらえませんか~?」程度だし。(熱が高い時は、ちゃんと別室にお布団敷いてくれます)

改めて、保育園選びって重要だなぁ、、と思った次第。

でも毎日の送り迎えが大変だから、いくら良くても遠くの園には預けられないから、実際にはあまり保育園は選べないのが現状で。
今は待機児が多くて保育園の数ばかり問題視されているけど、ママが安心して子供を預けて働くには、保育の質の向上が本当に重要だなと思った。

そうそう。
うちの子が通う園は本当に手厚く見てくださるので、私が専業主婦でいるよりよっぽどいい…と私の夫や親も思っているらしく、夫からも、専業主婦派の母からも、「仕事を辞めて家にいなさい」と言われたことはなく^^;
自分自身も「こんなところに預けてまで働く意味があるんだろうか?」なんて全く思ったことはないので、ママが肯定感を持って働くにも、保育の質は重要だと思う。

今は保育園に入れれば、どんなところでも恩の字・贅沢なんて言っていられないという人も多いと思うけど、同僚の子が通う保育園で、お散歩に行った先の公園に先生が子供(たぶん1~2歳児)を一人置いてきてしまったという事件があったと聞いて(公園の近所の人が知らせてくれて無事だったそう)、「入れればどこでもいいってもんじゃないのね…」と当然のことを改めて思った。
[PR]
by kumikokubo | 2010-06-02 15:29