女性の生き方とキャリアを考えるブログ

lifecareer.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「婚活」についての考察

最近、女性向けの雑誌はそろって「婚活」を取り上げている。
「婚活」とは、就職活動のように、活動しないと結婚できない時代だ、ということを、「パラサイトシングル」で有名な山田氏が提唱しているもの。
私もDOMANIの11月号で読んでみて思ったのは
「これってキャリアを考えるワークショップと同じじゃん!」ということ。
自分に対する設問が色々あり、価値観とか理想像などを明確にしていっている。
まさに就活と同じだなと思った。

今まで書かなかった本音を言ってしまうと、日頃、スタッフさんの「正社員になりたい」とか「派遣は不安定だから心配」といった話を聴いていて、内心「だったらキャリアアップじゃなく、結婚するためにパワーを使うべきなのでは…」と思ってきた部分が少なからずある。
もちろん結婚は非常に個人的なことだし、誰もが「しなきゃいけない」ものでもないし、下手な相手と結婚するぐらいならしない方がマシという場合もあるわけだが、それでも、「自分は絶対に結婚したくない」という人は少数派だと思うのだ。
そして、結婚=安定ではないけど、少なくとも一人でいるより金銭面での効率が高いのも事実だから、不安定性を軽くすることはできると思う。

そして私が一番心配しているのは、派遣社員のほうが正社員の女性よりも結婚しない傾向にあるような気がすること。
一昔前は、正社員の女性より派遣社員のほうが結婚していた感じがある。
社員の男性が、社内恋愛のリスク(昔は社内恋愛で結婚しなかったら男性が地方に飛ばされる、なんてことがあった)を考えて社員の女性ではなく気軽に付き合える派遣社員と付き合った末に結婚、ということが少なからず起こっていたように思う。

しかし今では、社内で付き合って別れたって飛ばされるなんてことはなく、社内恋愛のリスクも減っているし、正社員は残業の嵐で派遣社員は定時で帰ることも多く、帰る時間が違うので、仕事帰りに「ちょっと飲みに行こうか」というキッカケもないように思う。

そして私が「正社員と派遣社員の違い」と感じていたのは「行動力」(もちろん、一概に言えるものではないけれど)。
仕事をバリバリする女性は仕事以外でも行動力があり、様々な会合やイベントに積極的に出かけたり、これぞと思う人に積極的にアタックしているように思う。
そのため結果的に結婚につながりやすくなる。
結果、「仕事をバリバリする女性はキャリアも高収入もパートナーも手に入れている」という現状があるのではないかと感じている。

派遣スタッフの女性はどちらかというと受け身な人が多く(仕事も紹介してもらってるわけだし)、その上、職場での「自然な成り行き」もないので、なかなか結婚に至らないように思う。
派遣で大企業の本社で働いてる人も多いが、そういうところは若い男性が非常に少ないということもあり、黙っていては結婚なんてできないのではないか、と私は思っていたので、「就活のように活動しなければ結婚はできない」という「婚活」の概念に、私は激しく同意している。

私が担当しているスタッフさんたちは本当に素敵な方が多く、「なんでこの人が独身?」という人がたくさんいるので、「世の中の男性は何をしているんだ!」と思うとともに、彼女達の受け身な性格やライフスタイルが結婚とつながりにくいのかも?という気もしている。

結婚したい人は「自然な出会いじゃないと…」とか言ってる場合じゃなく、婚活してみたらいいんじゃないかと思う。

10/22 22:00追記
思えば、20代後半で「このまま一生独身だったら…」と考えると不安になり、仕事の面白さも手伝って総合職に転換した私。
30歳前後はバリバリ仕事して、一人旅もたくさんして、本当にアクティブに生きていたけれど、当時「パワーの使い道間違ってるよ…」と上司に言われたことを思い出した。
「仕事も旅行もしなくていいから、外見磨くとか合コン行くとか、そういうことにパワー使えよ!」
と思われてたんだ、ということを思い出した。
今は私がスタッフさん達に対してそう思ってるわけだから、私も歳を取ったっていうことかな。(苦笑)
[PR]
by kumikokubo | 2008-10-22 00:57