女性の生き方とキャリアを考えるブログ

lifecareer.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「人を巻き込む力」の重要性

企業に求められる人材の要件として、「人を巻き込む力」のある人、というのがある。

基本的に、組織の中では自分ひとりで仕事はできないし、ポジションが上がれば部下を使わなければいけない。仕事の規模が大きくなればなるほど、一人ではできないのが当然だ。そんなときに、「人を巻き込んで動かす力」がとても重要になってくる。また、自分の考えやアイデアを実現したいと思ったら、それを上司に説明して納得してもらってGOサインをもらわなければならないし、かつ「自分のアイディアを実現させるために」、自分以外のメンバーを動かしていかなければならない。「単に自分がこのアイディアを実現させたいから」ではなく、「××のためにはどうしても、このアイディアを実現することが必要だ」といった視点でメンバーに説いていかないと、誰も自分の言うことは聞いてくれないだろう。
(もし、これを読んでいるあなたが「自分は一人でも仕事ができる」と思っていたら、それは任されている範囲が狭いか、任されているレベルが作業レベルなのではないかと思う)

妊婦の掲示板を見ていると、「旦那が(家事など)協力してくれない」とか「旦那には親になる自覚がない(自分が妊娠していても飲みにばかり行ってる、とか)」といった書き込み(愚痴)が、ものすごく多い。
そこで、ふと思った。「仕事以外でも、人を巻き込む力が必要なのだ」と。

自分で子供を産む女性は、自分の体調や身体の変化など、出産の負担を100%背負わなければならず、とても大変なのだ。それに対して実質的に何の変化もない男性はどうしても「他人事」になりがちだ。そんなとき「何で私の大変さをわかってくれないの!」と、キーッとなるのではなく、夫が「あー、確かにそうだなぁ」と納得するように、自分の思いや考えを伝えなければいけない。それは上に書いた「自分のアイディアを実現する」ために、関係ない人たちを巻き込んでいくのと同じことではないかと思うのだ。

私の友人で、とても上手に夫を巻き込んで育児をしているな、という人がいる。
彼女は専業主婦だけれど、2人目の子供を出産したときにはご主人に1ヶ月の育児休暇を取得させた(取得「させた」と思っているのは私だけで、きっとご主人が「自ら進んで取得した」のだと思うけれど)。私はそのご主人のことも以前からよく知っているけれど、子煩悩になるようなタイプでは全くなく、どちらかというとクールな印象の人だったので、きっと彼女が自分の思いを上手く伝えて納得させたのではないかと思う。

かくいう私は、夫に巻き込まれっぱなしである。
いつの間にか、夫の実家のすぐ近くにマンションを買って住む羽目になっているし、子供ができるのだから夫の趣味のバンド活動を少し控えて欲しいと頼んだのに、結局好き放題やらせることになってしまっている。
悔しいけれど、我が家では夫の方が「人を巻き込む力」を持っているらしい。もっと精進せねば。
[PR]
by kumikokubo | 2007-05-31 21:26

自分の価値観を知ることの大切さ

少し前の話だけど、GW中に家の片付けをしようと思っていたところに、ピッタリの本を発見し、早速購入。
「もう片づけで疲れない収納法」

キャリアや生き方を考えるとき、「自分の価値観を知る」ことが本当に大切だと思っている。
自分の価値観を知ることで、「自分が大切と思っているものを大切にして生きていくことができる」からだ。そして、そういう状況を作れれば、人生の満足度がぐんと上がるからだ。

この本によると、家の片付けでも自分の価値観を知ることが重要なのだそう。価値観が明確になっていないと、捨てる・残すの判断が付けられず、そして捨てられないものが増えるからだそう。

単に家の片付け、と思ったけれど、ここにも価値観が関係しているんだ、、、とビックリ。
でも、それを知ることで、家の中もスッキリ片付けることができ、生活に対する満足度も高くなりそう。

自分の価値観、再認識してみませんか?
[PR]
by kumikokubo | 2007-05-22 18:19

過去の実績を作るため、いま頑張ろう

1つ前の記事に関連して。

紹介予定派遣に限らず、面接の場では「この人ならできそう」「この人なら長く続けてくれそう」と採用担当者に思わせることが必須だと思う。

では、どうすれば相手にそう思わせることができるか?と考えたとき、自分の過去の実績がモノを言うのではないだろうか。

宝くじを買うとき、「この売り場から1等が出ました」という売り場で買いたいと思うのは、「この売り場からまた1等が出るかも」という期待感から。競馬で当てようと思ったら、その馬の過去の成績や、ジョッキーの過去の成績を参考にするだろう。
このように、普段の生活だって、未来を予測するときは無意識のうちに過去の実績を参考にしている。採用担当者が、あなたの未来(この会社に入ったら、どんな風に働いてくれるか?)を予測するとき、過去の実績を参考にするのは至極当然、ということがわかると思う。

だから、過去が大切なのだ。
「派遣では長く続かなかったけど、正社員になったら頑張ります」ではダメなのだ。
「経験はないけど頑張ります」では弱いのだ。
「今までは・・・だったけど、今度は頑張ります」ではダメなのだ。

その「過去」を作っているのは、紛れもなく、昨日であり今日であり明日である。
だから、「今」がうまくいってなかったとしても、自分なりに頑張らなければいけないのだ。
「今」から逃げ出す転職をしようとしてもうまくいかないのは、「大変な状況から逃げ出した」という過去になってしまうからだ(注:とはいえ、病院にかかってしまうくらい辛かったら、逃げ出すのも一つの手だと思うけれど)。

だから、「今」を大切に、1日1日を精一杯生きて欲しいなと思う。
[PR]
by kumikokubo | 2007-05-21 21:02

派遣と紹介予定派遣のレベルの差

引継ぎのご挨拶で某企業の人事部を訪問した時のこと。
依頼をいただいている紹介予定派遣の案件の話になり、他社のスタッフさんにNGを出した理由を伺ったら「紹介予定派遣っていうと、こちらとしては派遣とは違うレベルの方の応募を期待しているんですが、派遣でも紹介予定派遣でも、応募してくる方の層が変わらないんですよね」と人事担当者に言われた。

痛いところを突かれた、と思った。
紹介予定派遣は正社員としての採用が前提だから、派遣と同じレベルでは受からないのだ。

「経験がないのは仕方ないとしても、素養は欲しいんですよね」と人事の方は言っていた。

「素養」を辞書で引くと「ふだんの練習や学習によって身につけた技能や知識。たしなみ。」とあるが、人材業界で言う素養は「やったことはなくても、やらせたらできそうな潜在能力」といったところか。
その業務やポジションで求められるのと全く同じ経験や能力があればそれに越したことはないが、それがなくとも、それに近いような業務の経験があるとか、全く経験のない業務を自分で頑張ってモノにしたという経験があるとか。
「経験はないけど、この人にやらせたらできそうだな」と思わせることが重要なのだ。

一言で「派遣」といっても、本当に様々な業務内容や職場環境があるので、「派遣でやっていたら正社員になれない」とは全く思わない。
でも、派遣にありがちな定型業務や、言われたことをやればよいという環境や、誰かからの指示がないと動かない・動けないという指示待ち状態等々で仕事を続けてきた人には、正社員のポジションを獲得するのは厳しいのではないかと思う。
正社員なら、自ら考え、行動することが求められているからだ。

そして紹介予定派遣は、「最初は派遣だけど、働いてみて双方が良ければ正社員に」というシステムに捉えられがちだが、少なくとも企業側は最初から「正社員として採用することを前提」に、高いハードルを設定している。

紹介予定派遣を目指す人は、高いハードルを意識して臨むべき、と思う。
[PR]
by kumikokubo | 2007-05-21 20:42