女性の生き方とキャリアを考えるブログ

lifecareer.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

長く続けることの意義

報告がだいぶ遅れちゃったけど、6泊8日のハワイ島旅行から11日に無事帰還。
以前は毎年のように海外旅行をしていたけれど、今回は新婚旅行以来、3年半ぶりの海外だった。この3年半の間に、自慢じゃないけど職を3回も替えた私。旅行に行かなかったことと職を替えていたことは決して無関係じゃないどころか、職を替えていたせいで旅行に行けるような状況じゃなかったと言っても過言ではないかもしれない。
改めて「一ヵ所で長く安定して働くことの意義」がわかった気がした。

今回は退職するつもりで旅行を計画したのだけど、同じ職場で1年働けば、長期休暇が取りやすい時期がわかるから、計画が立てやすいと思う。
入ったばかりで長期休暇は取れないが、長く続けていれば長期休暇も取りやすくなる。そのほか、どうやって根回しするかとか、休む前に何をしておくべきかとか、そういうこともわかってきて、周りの人にかける迷惑を最小限に抑えて長期休暇を取ることができるようになるはずだ。

旅行に行きたいから終了したいというスタッフさんも時々いるが、旅行でお金を使って、帰って来て職がないのでは金銭面でも心許ないし、また無職であっても職を探しているときは、いつ決まるかわからないから旅行の予定は入れにくいし。

職を転々と替えることが、金銭面のみならず、生活全体を不安定なものにしているんだなと感じた今回の旅行だった。
[PR]
by kumikokubo | 2006-02-12 23:02

留守にします

1月末で退職するつもりでいたので、辞めたらすぐに海外旅行に行こうと思い、既に予約してしまってました。。。
なので今日から、行ってきまーす!
1週間ほど更新できないので、バックナンバーでもご覧になっていてくださいませ。
リフレッシュして帰ってきたら、仕事も、このblogも頑張りまっす。
[PR]
by kumikokubo | 2006-02-04 09:47

最後は自分

実は、今日で会社を辞めるはず、だった。
去年の10月に私の職種が廃止され、仕事内容も変わる事になり、組織も変わって担当も殆ど代わることになり。しばらく様子を見ていたけれど、職場の雰囲気もどんどん悪くなり退職者も続出して、「これを機に、フリーのキャリアカウンセラーになろう」と決心した。その道で稼げないことはわかっていたので、単発の派遣で活動費を稼ぎながら、貧乏でもいいからやりたいことをやろうと思った。
12月に決意して、上司からも了承され、年明けから引継ぎもしていて(担当が代わるから辞めなくとも引継ぎはしていたんだけど)。
17日(火)には歓送迎会もやってもらったのだけど、何故かその場で色々な人から引き止められ、、、。
退職が決まった年明けに、かなり驚きの人事が発表され、諸悪の根源だった人がいなくなったこともあり、職場の雰囲気が明るくなったなーとも感じていたし、12月から少しずつ新しい仕事にも入っていて、その仕事がキャリアカウンセラーをするにもいい経験になると思ったこともあり、辞意を翻してしまった。
普通の会社なら、絶対にあり得ないことだったと思う。スタッフさんが辞めたいと言うのをいつも引き止めている派遣会社の人だからこそ、「辞めるのをやめた」ことが、同僚たちから異様に歓迎されたりしただけだと思う。

誰でも、「辞めたい」というのを引き止められて、悪い気はしないと思う。
引き止める人も、それなりに考えて引き止めているのだろうけれど、辞めたい人の本当の気持ちや事情をわかって引き止めているわけではない。
私が退職をやめることを何人かの友人に報告したとき、「良かったね!でも、いいの?」という返信がいくつか返ってきた。この人たちは私のこと考えてくれてるんだな、と、ちょっと嬉しくなった。
「みんなが引き止めてくれたから」と、今の仕事を続けたとしても、最終的に自分の人生に責任が持てるのは自分しかいないのだ。「引き止められたから続ける」のではなく、それなりの考えを持って続けないと、ただ流されるだけになってしまうと思った。

「辞めたい」というスタッフさんを引き止めるとき、私は無意識に「本当にその人のためになるか?」を考えて引き止めているなと思った。殆どの場合、「続けたほうがいいよ」と思うから引き止めているのだけれど(次に何をやりたいか決まってないのに辞めたい人が殆どだから)、その人の人生を考えたら、無責任に引き止めることもできないからだ。
引き止めにあったとき、嬉しいと思いながらもよく考えてみるといいかもしれない。
[PR]
by kumikokubo | 2006-02-01 00:16