女性の生き方とキャリアを考えるブログ

lifecareer.exblog.jp
ブログトップ

惰性で続けるのは悪いこと?

今の就業先で5年続けているスタッフさんが、「もう5年だし、区切りをつけてもいいのかなーと思って、、。惰性で続けてる感じなんですよねー」と言う。
5年も続くってことは、それなりに環境が良いからだと思うので、特に嫌なことも問題もないのに「5年だから」という理由だけで手放してしまうのはもったいないな、と私は思った。

同じところに長く勤めていると、続けることが悪のような感じがしてくることがある。
「変化を恐れている自分」とか「リスクを取れない自分」のように感じ、転職しようとしない自分を意気地のないダメ人間のように思ってしまうのだ。
確かに、慣れた環境や仕事なら惰性でもできる(=エネルギーを投入しなくてもできる)から、「これでいいのかな、、」と思ってしまう気持ちはわかるし、私自身もそう感じるかもしれない。
しかし、そもそも惰性でやるのはいけないことなのか?

人生は仕事だけじゃなく、家族のことで大変なときもあるし、没頭したい趣味があるときもある。結婚していれば家事や育児の負担はずっしり重たい。働いていたって勉強したいことがあるときもある。仕事が人生の大きな部分を占めるのは間違いないけれど(1日の1/3は仕事してるわけだし)、仕事が人生の全てではないのは確か。
だから、仕事が惰性だっていいじゃないか、と私は思う。人生トータルで、一生懸命やっていれば良いのだ。

辞書で「惰性」を引くと、「これまでの慣性や勢い」とあり、悪い意味は全くない。惰性だからってダラダラやることでは決してない。惰性で仕事を続けている中で、新しいことを要求されたら、それに対応して新しいことをやっていけば良いのだ。

「今の仕事は惰性で続けてるなー」と思っても、焦ることも後ろめたく思う必要も全くないのではないか、と思う次第である。
[PR]
by kumikokubo | 2006-09-23 01:33