女性の生き方とキャリアを考えるブログ

lifecareer.exblog.jp
ブログトップ

正社員か派遣か

派遣の契約は3ヶ月単位がほとんど。そのため3ヶ月ごとに更新の意思をスタッフさんに確認するのは私のかなり重要なお仕事。
即OKしてくれる人も多いが、迷う人もいる。迷う理由ナンバーワンは「正社員になったほうがいいのかなと思って、考えてるんです。。。」
「ちなみに、もうどこかに応募とか、活動してるんですか?」と聞くと、100%の人が、何もしていない。おーい!契約の期限まであと1ヶ月半ぐらいしかなくて未だ何もしてなかったら、決まるわけないだろ!と心の中で叫んでいる私だが、さすがにそのまま言うわけにもいかず。
「履歴書や職務経歴書書いて、応募して返事が来て一次面接行って、、っていうだけでも、1ヶ月ぐらいすぐ経っちゃうんですよ。だから、とりあえずお仕事続けながら、探してみたらいかがですか?」とか言うようにしている。
今まで「正社員を目指す」という理由で契約を終了することにして、最終出勤日までに次の仕事が決まった人は皆無。

派遣より正社員の方がいいような気はする。「正社員ならボーナスも出るし、安定してるし」と彼女たちは言うけれど、本当にそうなのだろうか?
殆どの人は「いま自分が派遣で働いてるこの会社で正社員になったら」ということしか考えていない。しかしそれは派遣だからその会社で働けるわけであって、正社員になるとしたら当然、会社の規模は小さくなる場合が多い。そうなると、収入だってさほど高くないし、規模が小さくなった分、倒産のリスクも高くなる。正社員だと「年俸制」の名のもとに残業手当が出ないことも多いが、派遣だったら100%出るし。
派遣=すぐ切られるというイメージはあるが、実際、長く勤めていたら突然切られることなんてまずないと言ってもいい。正社員だってリストラされるときはリストラされる。
そういったことを考えていくと、収入だって安定性だって正社員が上とは一概には言えないはず。それに近年、正社員にかかる負担が大きくなっているから、プライベートな時間は当然減るだろう。それでも本当に「正社員になる」のがいいことなのか、よく考えて欲しいと思う。
「正社員=安定。有利」「派遣=不安定」という固定的な概念は捨てたほうがいい。
正社員で働くか、派遣で働くかは結局、自分がどういう生活をしたいか?どんな働き方をしたいか?ということに尽きると思う。
[PR]
by kumikokubo | 2005-11-05 01:01